時短育児ならBabyful

母になっても美しく!女性心をくすぐる美容関連テクノロジー3選 @ CES2018: 美肌保護のUV対策

母になっても美しく!女性心をくすぐる美容関連テクノロジー3選  @ CES2018: 美肌保護のUV対策
Pocket

この記事をザックリまとめると…
  • 『女子力アップ』に繋がり、子どもへもメリットを提供してくれる最新ビューティーテクノロジー3選の紹介、第1弾。美肌保護のUV対策をする気にさせてくれ、身につけるのにも可愛い世界最小ウェアラブルセンサーを紹介します。

子供を産んで母となっても、女性としては魅力的でありたいもの。自分自身は産後3ヶ月程で体重が戻ったものの、全く凹む気配の無いぽよんとしたお腹をまじまじと見て精神的にも凹んだのをきっかけに、1週間前から巷で話題のAYAトレ本を始めました。3分ほどのトレーニングを1日1セット、全身を動かし続けるその3分はつらいですが、翌日にはしっかりと筋肉痛になったりするので、短時間ながら筋肉をよく使っているのを実感できて達成感があります。果たして30日後の私の腹筋は割れているのでしょうか?

 

 

関係無い前置きが長くなりましたが、今回のCES出展企業の中で目を引いた、子供を持つ母としてそして女性として非常に興味深い『美容』に関連する3つの製品をこれから3本立てで紹介したいと思います。

 

紫外線から肌を守る、賢いのに可愛い世界最小のウェアラブルチップ:UV Sense

色白は七難隠すと言われますが、美容の面からは色白は賞賛されている一方で、子どもに急かされて毎日公園に通っているママさんたちの中には、露出する肌全てに日焼け止めを塗って紫外線対策をするというのは毎回毎回は面倒でできないという方も多いのではないかと思います。また、外出前に一度は塗っても、効力の低下とともに日焼け止めを塗り直したり、子どもに日焼け止めを塗ったり、帽子を被せたり、サングラスを着用させるなどは面倒でやっていないという人も多いのかなと思います。かく言う私も、カリフォルニアに住んで、日々日差しの強さを実感しながらも正直ついついさぼってしまう口です。

 

そこで気になったのが、ロレアルグループがCES2018で発表した、今の自分の周りがどれだけ紫外線が強いかを見える化してくれるUV Sense。ネイルアートのようなポップなデザインが際立つウェアラブルのUVセンサーチップです。デザインはインダストリアルデザイナーとして有名なイヴ・べアール氏率いるfuseprojectと一緒に手掛けられ、とても可愛い!fuseprojectのウェブサイトにUV Senseのデザイン写真が沢山掲載されているので、気になる方は是非見てみてください。

 

Yves Beharさん(@yvesbehar)がシェアした投稿

バッテリー不要で、厚み2mm・直径9mmと親指の爪にも乗るサイズ。ウェアラブル製品の中では最も小型なアイテムとなります。直径9mmというのはなんとM&Mチョコレートよりも小さい!サングラスや時計のバンドや爪などにつけて、水中でも使用可能なのが嬉しいところ。自分がいるまさにその場所が、その時点でどれだけ紫外線がきついのかをリアルタイムで可視化できるので、日差し対策・皮膚ガンなど紫外線によるダメージ予防への意識を高める大きな手助けになります。

 

実際、2016年にすでにロレアルグループのスキンケアブランドであるラ ロッシュ ポゼ (La Roche-Posay) から、転写シールのように直接パッチを肌に貼り付けるMy UV Patchという製品がリリースされており、37カ国で100万枚以上のパッチが利用されました。ロレアルが公開したデータによると、この製品を使用した消費者のうち34%は日焼け止めを以前より頻繁に塗るようになり、37%はなるべく直射日光から避けて日陰にいるようになったとのこと。

My UV Patchに続く第2弾として同社からの発売が発表されたUV Senseは、より小型になり、より長時間の使用が可能となり、NFCでアプリと接続することでリアルタイムの紫外線データを即時に確認できるようになります。アメリカでは限定的に2018年6月に販売を予定していて、価格は40ドル程になる見込みとのことです (全世界での発売は2019年の予定)。この技術を開発したノースウェスタン大学のジョン・ロジャー教授によると、この製品はとても有害な紫外線を直接測定できる数少ないセンサーのうちの一つであり、体温も同時に記憶できるそうです。この体温も、太陽光にさらされていたという意味では重要な意味を持つとのこと。(参考:Northwestern)

 

UV Senseの構造。バッテリー不要で直径9mm、厚み2mmというサイズ。(写真:La Roche-Posay)

 

これだけを使えば日焼け対策がばっちり完了!という製品ではありませんが、自分がいる場所でその時点での紫外線量が見える化されることにより、普段日焼け止めが面倒で忘れがちになる自分自身また子どもの日焼け対策も意識できるようになって良いですよね。デザインバリエーションも様々なので、元々のデザイン通りに爪に貼って手元にアクセントを持たせるのもいいですし、いつも身につけるものに貼って持ち歩くものにつけるのも良いのではないでしょうか。

 

UV Sense着用画。(写真:La Roche-Posay)

 

紫外線は日焼けのみならず、シミ、シワ、皮膚ガンや白内障といった健康被害を及ぼします。(参考:環境省) これら紫外線の及ぼす影響を理解した上で紫外線量を見ると、子どものため、自分のためにと行動を起こせるようになるので、ずぼらですぐにサボりがちな私にもとてもいいアイテムだと思います。アメリカで発売開始になったら、一度試してみようと思います。日本でも、来年の夏頃にはこのチップをネイルの1部として付けている人を街でよく見かけるようになるかもしれませんね。

 

Pocket



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *